『NPO法人 共和のもり』未来の森と地域を守る

NPO法人 共和のもりについて

〈NPO、たんじょうの話〉


「NPO法人共和のもり」の誕生には、4つの理由がありました。
①人が受ける被害・鳥獣が受けた被害
地域で作れる野菜は殆んどなく、野菜をつくるのに、猪の為のトタンと鹿の為のネットを巻く作業が必要になってしまいました。
動物がいけないのではなく、人間が動物の住処を奪ってしまったからなのです。動物のえさが豊富になる山づくり等が望まれます。

②水源林保全再生
神奈川県の水がめは主に相模川水系と酒匂川水系です。
都会でおいしい水を飲むためには、水の生まれる山の保水力を高めるため、枝打ち、間伐や手入れの行き届いた美林をヒトがつくる必要になります。
③山の被害
山北町は、大きな台風が来る度に、土砂崩壊があり復旧に大変な苦慮をしています。
原因はあれや、これやあるのでしょうが、気が付いた所・身の周りから早急に、災害に強い山づくりに取り組まなければなりません。
④山を守る
外国資本が、日本のあちこちで『山を買う』というショッキングなニュースが流れ、驚かれた人がいると思いますが、何故山を買うのでしょうか。
仮に湧水のある山を買われてしまったらどうなるのでしょうか。一緒に考えてください。

〈参考〉
「日本の「水源林」が狙われている」
「日本の森林が買われていく」

さて…私たちはこのような大きな課題を抱えた200人足らずの共和地域の住民です。地域内唯一の学校、共和小学校が閉校になり、
「将来この村はどうなってしまうのか?」「むらの火が消えてしまうのか?」

正直、「限界集落」という言葉を意識せざるを得ません。

200人足らずの村人だけで水源林である大野山山系を守ることができるのでしょうか、

答えは、 NО です。

山と向き合い、課題と向き合って生きるほか、生き延びる道がないという意識が芽生え始めました。
水源林は都心で暮らす人々や神奈川県民の宝物であり、なによりも我々の宝、誇りです。
子や孫の代まで良い水を飲んで貰う為、一人でも多くの県民・地域住民がこれらの事を理解し、山を作り変える行動をすべきだと考え「NPO法人共和のもり」を立ち上げました。
川崎市が水源林の整備を理解され、山北町とパートナーズ協定が結ばれました。
県のお力添えに感謝し、山づくりに励んでいきます。

NPO法人共和のもり 会長:井上正文

〈その後の主な活動〉

その1.植樹活動
  • 平成17年から取り組んだ植樹1万本計画。現在、大野山山系に約4,000本の植樹が出来ました。
    全国植樹祭では、大野山山頂付近が山北町のサテライト会場になり、松沢知事や湯川町長、共和小の子供達などが1,000本のシャトル杉を植えました。
その2.水源交流
  • 平成20年から3年間、神奈川県の水源環境保全市民支援事業に取り組みました。 この事業で、大野山ハイキング道(現こもれび遊歩道)約250mをつくりました。
  • 平成24年4月 山北町と川崎市のパートナーズ協定を結ぶことが出来ました。 少子高齢化の進む共和地区で、水源林を整備するのには面積が広すぎます。
    「水源林を守る取り組みは、水を使う(酒匂川水系・三保ダム)川崎市民にも必要」川崎市や神奈川県土地水資源の考え方が協定を結ぶまでに発展しました。
その3.山の保全と再生
  • 平成24年3月 第一回神奈川県チェンソ―大会を実現させました。
    プレ植樹祭で、天候やロケーションに恵まれた中でのチェンソーアート実演(曲木太郎)に一目ぼれした知事の一言で県大会が実現しました。

そのほかにも、
「農業の里づくり」
「林業の里づくり」
「憩の里づくり」
「生涯学習の里づくり」
これらを軸とした活動を通じて、共和地区の将来像を描こうとしています。

〈今後の具体的な取り組み〉

農業の里づくり

  • 休耕地、耕作放棄地対策
→農業に関心が持てる企画、例えば自給自足を志す人の集い。
ジビエ(鹿肉・猪肉)等、特産品の開発。

林業の里づくり

  • アカネ材などの間伐材の処理・活用の方法
→ 学校教育に利用
 チェンソーアート作品へ向ける
 薪ストーブへ向ける

  • 動物と人が共生できる山をつくる。
→広葉樹林は、どんぐりの実を沢山つける。それが動物のエサになり住処になる。
人間にはキノコの原木や、炭焼きの材料を提供してくれる。根は直根性で災害に強い山になる。
災害対策として地に適した直根性の樹種を植える。

  • ヒノキの美林をつくる。
→手入れ不足によりかれ枝からアカネトラカミキリが入り、商品にならない深刻な問題を抱えている。
商品にならない問題より水源林の機能をしてない方がより深刻だ。
考え方をかえ、山を美林につくりかえる。50年、100年後の子や孫の代に、林業での就労の場をつくるための道標をつくる。

  • 川崎市パートナーズ協定事業 (年3回の交流会を実施)
→ソフト事業 水源上下流交流、食文化交流
ハード事業 どんぐりの山づくり 援農システム、休耕地、耕作放棄地対策等

憩の里づくり

  • 共和小学校の跡地利用
→水源地域の勉強の研修施設に
 子どもと親が安心して集える場に

  • 福祉バスの運行
→1日10便と、予約があるときに運行を行い、
交通機関を必要とする住民に対してサービスを提供している

生涯学習の里づくり

  • もりの案内人